図1 光学式3次元動作分析装置と筋骨格モデル


図2 投球動作中の力学解析の結果


図3 投球障害が「起きやすい」&「起きにくい」動作


図4 人工知能を適用した姿勢推定


図5 平均動作を用いて 痛みの出やすい動作をみる


図6 モーションシンセサイザ 痛みが出やすい姿勢を作る


図7,8 痛みの出やすい動作パターン(高校野球選手)


図9,10 痛みの出やすい動作パターン(少年野球選手)